専門分野を学ぼう!

特定の専門分野で活躍できる人になりたいと感じているのなら、専門学校や大学で学びましょう。最近では、各分野に特化した専門学校や大学が存在します。

進学先を決める時のポイント

  • 将来就きたい仕事を考える
  • 興味がない分野の仕事についても調べてみる
  • 学習カリキュラムをチェックする
  • 卒業生の就職先などを調べてみる

将来の目標を定めることから始める

進学先を決める場合、将来の夢を明確にしてから決めた方がよいです。そうすれば、夢を叶える為に必要な資格が取得出来るのか、就職サポートは充実しているのかなど、進学先を選びやすくなります。

進路に悩んでいる人から寄せられる質問

勉強

就職か進学かで悩んでいます。どのように整理をつけたらよいのでしょうか?

進路は焦らないで決めるべきです。周りが進路決定していく中で不安になることもあるはずですが、就職のメリットや進学のメリットを比較したり、将来どうなりたいのかをイメージしたりして決めていきましょう。

学費が用意できるか心配なのですがローン払いなどは出来るものなのでしょうか。?

基本一括払いで請求されることが多いです、しかし、学校によっては学費サポート制度があり、分割に対応していることがあります。入学先へ相談してみると良いでしょう。

オープンキャンパスは参加すべきですか?

都合が合うのであれば参加すべきです。なぜなら、オープンキャンパスでは模擬授業や校内見学を行なっています。その為、参加することで入学後のイメージを持つことが出来るでしょう。

注目が高まる診療放射線技師【大学で国家試験対策をしよう】

CTスキャン

専門学校と大学の違い

専門学校と大学には様々な違いがあります。まず、専門学校は二年で卒業となる場合がほとんどです。そして、大学の場合は四年(短大であれば二年、医学部や薬学部であれば六年)で卒業となります。また、専門学校を卒業した場合、専攻して学んだ分野の即戦力として就職をすることになります。大学を卒業した場合は、就職先の選択肢多くなります。その為、様々な業界で活躍することも出来るでしょう。

医大生

医療分野の仕事

最近では、医療分野の職種の人気が高まっています。医療分野といっても医師や看護師だけではなく、マッサージやストレッチ指導をする整体師、専門知識を要する診療放射線技師、介護者とのコミュニケーションが必要になる介護士など様々な職種があります。高齢化社会が進むことで、医療分野の職種はどんどん需要が高まっていくことが予測されています。働きがいを感じる仕事をしたいと考えているのであれば、医療分野の職種を目指してみるのも良いでしょう。

医大生

放射線技師とは

医療分野の仕事の中でも、診療放射線技師は人気がある職業です。放射線を使用した検査や治療、医療機器メーカーでの開発業務を行なう職種となっています。放射線に関する知識や医学知識、電子工学などの専門知識が必要となるため、専攻学科がある大学や専門学校に進学して学びます。そして、診療放射線技師国家試験を合格しなければいけません。